継続的な乳酸菌の摂取で花粉症の症状の軽減が可能

花粉症と免疫機能の関係

なぜ人体にとって無害である花粉を吸い込むことにより異常な症状が表れるのか、そこには過剰反応してしまう免疫機能に原因があります。

免疫細胞の1つ、T細胞が花粉を悪質なものと誤認してしまい、排除のために攻撃指令を出すことでくしゃみや鼻水、目の痒みや涙といった症状が出るのです。

この症状が出ないようにするため、免疫機能の正常化のための対策が必要になります。

7割の免疫を司る腸の働きをサポート

花粉症対策のために乳酸菌の摂取が効果的なのは、人体の7割という大部分の免疫機能を司っているのが腸であるという点に着目されているからです。

乳酸菌を摂ることで善玉菌優勢の状態に整えると、この善玉菌が腸の中で免疫機能の調整を行います。

免疫力をアップしつつアレルゲンそのものの侵入をブロックして抗体を作り、くしゃみや鼻水の原因になるヒスタミンの生成を防ぐことが可能です。

特に摂取したい乳酸菌の種類

一口に乳酸菌といっても種類は豊富です。特に花粉症対策に力を発揮するのが、まず、独特の粘り気が特徴的なカスピ海ヨーグルトに配合されているクレモリスFC株で、整腸作用が高いことから便秘解消にも役立ちます。

他にもL-92乳酸菌、乳酸菌シロタ株なども胃酸に負けずに生きたまましっかりと腸に届かせることができ、アレルギー症状を抑える実験結果を立証しています。

花粉対策と同時に肌の調子も整えられる

乳酸菌は腸に長期間留めることができませんので、ヨーグルトやサプリメントの利用で継続的に摂取することをおすすめします。

また、腸の調子を整えることで花粉症が楽になるだけではなく、便秘の解消、老廃物の排出により美肌効果も期待できるのがメリットです。

花粉症で乾燥や肌荒れを感じるかたも少なくありませんので、乳酸菌を摂ることでトラブルを総合的にケアできます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク