乳酸菌は美肌効果に繋がる?内側からきれいな体へ

腸の調子は肌関係する

肌のケアは毎日とても大切です。外側からのケアを頑張る方も多いですが、肌の調子をずっと持続させるにはやはり内側からのケアが大切です。

そして毎日高い基礎化粧品を使う余裕がない方も、内側からのケアなら挑戦することが出来ます。

肌の透明感が出ることで、印象もまったく違いますし、化粧のノリも変わってきます。一度肌と腸の関係性を考えて見ましょう。

悪玉菌が増えると?

腸内環境が悪くなると悪玉菌が増え、善玉菌の働きが弱くなります。

結果、便秘に繋がります。悪玉菌はその老廃物を利用し、毒素を作ります。腸にたまった毒素は、血液を通して皮膚を流れることで肌荒れに繋がっていきます。

便秘気味の方が肌荒れに悩んでいれば、腸内環境に問題があるかもしれません。そこで、乳酸菌を取って、善玉菌を増やし、腸内環境を良くして肌荒れを治すことが大切です。

夕食後の乳酸菌の摂取

肌荒れは乱れた食生活に繋がることが多いです。油っぽい食事、バランスの悪い食事、濃い味や外食が多いことがあげられます。

これらの食事は消化しにくいものが多いと考えられます。夕食後30分以内にに乳酸菌を摂取することで、体内の悪玉菌が減り、善玉菌が増え、良い腸内環境へと導いてくれます。

もちろんバランスの良い食事が理想ですが、まず美容への一歩として挑戦するのも良いかと思います。

おすすめ乳酸菌商品

乳酸菌といえば、ヤクルトやヨーグルトが思い浮かびます。気軽に摂取できるのでこの2つは始めやすいと思います。

他にもチーズ(プロセスチーズよりも加熱処理されていないナチュラルチーズがより良いです。ただし、妊娠している方はNG)、味噌、キムチが生活に取り入れやすい食材だと思います。

上手く生活に取り入れて、乳酸菌で美肌効果の力を上げていきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク