ハイパーナイフを受けると下痢になりやすい人の特徴とは?

人によって体質が異なるため、中にはハイパーナイフを受けた後に「下痢」になってしまうことがあります。

ハイパーナイフは高周波によって脂肪を温める施術ですが、お腹まわりに使用すると腸の働きが活性化されます。腸内に残っている排泄物の運搬を行う「蠕動運動」が活発になるため下痢が起こることがあるのです。

またハイパーナイフは脂肪を溶かし出す施術なので、一時的に血中の中性脂肪値が上昇することも下痢の要因となります。

下痢になりやすい人は?

『施術の直前に食事を摂っている』というのが特徴です。

サロンに行く直前などに食事を摂ると、胃の内容物がしっかり消化されないままハイパーナイフ施術を受けることになります。

すると、未消化のまま食べ物が腸に運ばれてしまいます。

未消化の食べ物が入ってきてしまうと、腸では正常は処理ができなくなるのでスムーズな排泄が出来なくなります。

そのため下痢になってしまうのですが、これは施術の直前に食事をしないことで防げますから、施術前の食事は1時間から2時間前までに済ませましょう。

副作用なの?

下痢の原因のほとんどが体質や食事によるもので、厳密にはハイパーナイフの副作用ではありません。

そもそもハイパーナイフは腸セラピーにも効果のある施術なので、2〜3回くらい受けていると、体質が改善され お腹の調子も良くなってきます。

便秘改善には良いですよ!

※ただし2〜3回受けても下痢になるようなら、避けてください。(たぶん体質的に合わないか、何か別の病気の可能性があります。)

【PR】

ちなみに乳酸菌の摂取は、ハイパーナイフとの相乗効果が見込めるのでおすすめです。

たらみのスティックゼリーは、毎日1包食べるだけで必要な乳酸菌を摂取できます。
1本あたり約6キロカロリーというのも嬉しいところ!

詳細はこちら↓

乳酸菌1,000億個配合!たらみのスティックゼリー

ぜひ、乳酸菌でハイパーナイフの効果をUPさせましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク